Vavaira

日焼け後のケアをきちんとしていますか?日焼けもれっきとした火傷の一つです。

山口県周南市・広島県中区にある、エステサロンスリーグランツがお届けする美肌ブログ♡

今回は、夏に向けて日焼けについてのおブログです☆

日焼けとは・・・

日焼けとは、皮膚が厚い太陽の光によって焼かれ、炎症を起こしてしまうことです。

れっきとした火傷です・・・

少しの時間かな?と思い日焼け止めを塗らずに日焼けしてしまいヒリヒリする。。。

長袖を着ているから大丈夫と思い日焼け止めを塗らず…

暑さに負けで腕まくりをしたらくっきり日焼け…

長い時間外にいるのに、日焼け止めを塗り直しをせず過ごし顔が赤くなり、痛い…

洗濯物を干すだけだからと日焼け止めを塗らず外で干していたら秋口にあれ?腕が黒い…

髪をアップにするのに、首周りに日焼け止めを塗らずに首の後ろが赤く痛い…

日焼け止めを適当に塗ってしまい、まだらに日焼けしてしまう…

こんな経験ありませんか??

その後のケアがとても大切になって来ます。

日焼け後のケアって??

日焼けは軽い火傷です。

火傷したお肌は水分が不足し、熱く、熱を持った状態になります。赤くなったり、腫れてしまったり、色素沈着と起こし黒くなったり、シミになったりします。

日焼けした場所のケアとても大切です。

もちろんみなさんやけどとしたら冷やしますよね。

冷やすというところまではみなさん知っているので火傷をした箇所は冷やすと思います。

しかし、そのあとのケアがその後のお肌をきれいな状態にしていくのかが決め手になってきます。

夏は暑くて汗が出るからと保湿を怠ると、後々シミになったり、色素沈着の原因となります。

きちんとうるおいを与えることが大切です。

日焼け後は極度に乾燥します。

日焼けは軽い火傷と同じ状態で、皮膚の細胞が傷つき、水分を保つ能力が弱くなっている状態なのです。

そのままにしておくと色素沈着をおこしやくすく細胞の炎症の記憶はメラニンを増加させてしまうことにつながります・・・

つまり早めに炎症を取り除くことがその後のケアに差が出るのです。

肌が炎症を起こしているということは刺激が少なく保湿力のある化粧水を使うことをお勧めします。

ノンアルコールや添加物の少ない低刺激なものを選びましょう!!

といって市販の化粧水では結構刺激が強いものが多いのも事実です。

お肌に逆効果なものも沢山あります。

そこでご紹介したいアイテムが

サロンオリジナル美容液VAVAIRA

5月にお客様が自転車でサイクリングを楽しまれました。

まだ、そこまで日差しが強くないだろう・長袖着ているしと日焼け止めを塗らずに自転車に乗り橋を渡られました・・・

その後どうなったか・・・・

腕をまくったのでくっきりとした日焼け💦

どうしよう…ヒリヒリするし、赤くなって…やけどみたいですとサロンにご来店されました。

日焼けをされて1週間経過していたのですが、VAVAIRA美容液をしっかり塗ることをお勧め

約5か月間毎日腕にVAVAIRA美容液を塗布されました。

そうすると…

光の加減もありますが・・・

日焼けの跡がうっすらある程度でほとんどわかりません。

周りの方からも「あんなにすごい日焼けの跡が残ってないんだね」と言われるようです。

ご本人も驚かれてVAVAIRAすごいと見せてくださいました。

日焼けはしないに越したことはありませんが、夏も楽しみたいもの。

その後のケアをきちんとすることがとても大切です。

お肌にうるおいを与える美容液VAVAIRAぜひお試し下さい☆

30m  15000円(税抜き)

 

光劣化ってご存知ですか?

みなさん、肌の悩みは人それぞれだと思いますが、日々日常生活で‘‘酸化‘‘していく私たちの身体に『老化』は必ず起こるもの。肌の老化で思いつくトラブルは何でしょう?

乾燥、シミ、シワ、たるみ、くすみ、などたくさんありますが、これって何が原因なのでしょうか。「手を見ればその人の年齢が分かる」と昔から言われます。確かにお顔は若々しくても、手の甲を見るとシワシワだったりシミが目立つ方が多いですよね?その原因が「光老化」です。

紫外線の本当の怖さは、すぐに赤くなったり、黒くなったりするのではなく徐々に蓄積されて起こる肌の変化、『光老化』にあるのです。

「光老化」と「自然老化」の違い

この光老化は、紫外線を浴びた時間と強さに比例するといわれています。顔や手のように直接紫外線を浴びることが多い肌の老化原因の約8割は光老化にあるといわれています。

自然老化と比べた場合の皮膚の特徴も明らかに違います。

「光老化」の危険性が高まっている!?

宇宙から降り注ぐ紫外線から私たちを守る「宇宙服」のような役割をはたしているのが、地球の大気を覆っているオゾン層です。気象庁の観測報告によると、札幌などでオゾン量が年々減少していることが報告され、紫外線量が増加していると言われています。

だからこそ、私たちは「光老化」の原因になる紫外線対策をこれまで以上に気を付けていかなければなりません。年を重ねてから後悔してもそこから肌を復活させるには、時間もお金もかかってしまうのであきらめてしまう方が多いのです。そうならないよう、早めの対策をしていきましょう!!

紫外線はなぜお肌に悪いといわれているのでしょうか?

○紫外線を浴び続けていくと、皮膚ガンの発症率が高くなります。

○遺伝子が傷ついてしまうことがあります。

○メラニンを生成する働きで、肌の色素細胞まで老化させてしまい色素が沈着してしまったようなシミができます。

紫外線は地球上に降り注ぐ太陽光線の一種のことです。

よく「UV]という言葉を耳にされると思いますが、それは英語で紫外線の意味を示す「Ultraviolet」の略語です。

◆紫外線

UVAといわれるA波→コラーゲンを変性してしまい、気づかぬうちにシミやしわの発生原因になってしまいます。肌の奥まで到達し、じわじわと肌にさまざまな影響を引き起こします。

UVBといわれるB波→長時間の日光浴で真っ赤になったり、水膨れができたりする日焼けの主原因です。肌表面の細胞を傷付け炎症をおこし、皮膚ガンやシミの原因といわれています。

夏!守ろう!ダメージ肌のスキンケア

スリーグランツがおすすめしている日焼け止め『サンブロックUV』

紫外線ダメージを中和するという着眼点で単にUVA&UVBをカットするのではなく、紫外線から優しくお肌を守りながら、配合成分22種類中16種の天然生薬がUVダメージを中和し健康な素肌を取り戻す日焼け止めです。

炎症を抑え、硬くなった角質層も柔軟にし、メラニン色素を肌の中で分解してくれます。

紫外線ダメージを中和するとは?

日焼け止め=紫外線防止という根本的な考えを見直しました

●紫外線防止剤成分の効果には時間的な制限がある

●紫外線防止の力を上げれば上げるほど、肌負担が増してしまう

●敏感肌の方は紫外線防止すらできないのか?

⇓ ポリシーならできるんです!

●時間的な制限のない「天然生薬」の力を重視して日焼けを防ぎます

●紫外線防止剤は肌に負担のない程度、最低限に抑えて配合しています

●受けてしまった紫外線ダメージを肌の内部で解決します(肌内部に優れた美白成分や保湿成分、老化防止成分を送り込む)

●肌に優しいため敏感肌の方でも安心して使えます

もちろん赤ちゃんにも安心して使えますよ(^^♪

この夏は強い紫外線を、やさしくブロックしてお肌を守りましょう✨

以前はちょっとの時間だからと日焼け止めを塗ることもなく外へ出てしまっていましたが、今は白さを保ちたい!シミを作りたくない!

と思い、ちょっと庭まででも日焼け止めを塗るように心がけています♪

子育てに追われ周りが見えず、自分の事も見えず??

気が付いた時にはシミが…と最近ご来店いただいたお客様もいらっしゃいます。

加齢とともに気になるお肌の変化に早めに気が付いて、防げる所は予防していきたい!!

美しくいたい、美しくなりたい✨女性の願いであり、永遠のテーマですね

 

あわただしい毎日で、一つ何かの行動を増やすのは簡単なようで、実はとても大変なことです。

例えば今まで日焼け止めはお顔しかつけていなかったのを、首周りにつける。

ひじ下しか塗っていなかったけれど、腕全体につける。脚には塗っていなかったけれど、足全体につける。

となると、面倒だったり、三日坊主で終わってしまったりしますが…

加齢によりそれでなくても、虫刺されの跡がいつまでも残っていたり、傷口が治りにくかったり、日焼けの跡もずっと残っていたり…

心当たりはありませんか?

ちょっと気をつけるだけでも5年後、10年後のお肌が変わってきます。

「たまに」や「気が向いた時だけ」を、毎日の習慣にしてみましょう♪

やらなくて後悔する日が訪れますが、やってて良かったと思える日が確実にやってきます。

日焼け止めも何を選び何を塗るかも重要ですが、まずは毎日塗る習慣から始めましょう!(^^)!

毎朝鏡を見ると、肌のちょっとした変化に気づきます。

しっかりご自身の目で鏡を見て変化に気づくことが美肌への第一歩です✨

4月は肌のトラブルが起きやすい!?

3月末から4月は昼間と夜の温度差大きく感じる月でもあり、気温は上がりますが湿度は低いので肌表面は温度差を感じやすくなります

そこで起こるのが肌表面の「乾燥」で、湿度が低いため肌の水分が奪われやすくなっています。

また、花粉黄砂・PM2.5など外からの刺激が多いのに加えて紫外線!!

お肌のことを考えると、冬のような乾燥と夏のような紫外線、両方の肌トラブルを起こしやすい肌状態になっているのです。

4月は暖かくなってくるので、お花見やバーベキュー、歓送迎会など外出する機会も増えるはず。

無防備な肌状態で紫外線や花粉、ホコリなどの刺激を受けてしまうと肌荒れや大人ニキビを引き起こす原因になる恐れもあります💦

外出する際には、外からの刺激を防ぐためにも、日焼け止めやファンデーション、日傘や帽子といった紫外線対策は大切!!

そして、洗顔やクレンジングでは日焼け止めやファンデーション、肌の上の汚れを優しく丁寧に落としましょう。

スキンケアでは、少しでも肌への負担を軽くするために丁寧な保湿ケアと、より一層のバリア機能の強化に努めるのがおススメです♡

5月が一番紫外線が怖い??

1年の中で一番紫外線が強いのは5月というのはご存知ですか?

4月に肌トラブルが出てきて、5月に向けて紫外線がどんどん強くなっていく時期💦

日焼け止めを塗らず洗濯物を干したり、近所のスーパーに出かけたり…なんてことをしていると気付いた時にはシミしわだらけΣ(゚д゚lll)ガーン

なんてことも…

そうならないように、うっかり浴びてしまった紫外線は早めにケア!

日差しをたくさん浴びる前に肌の体力アップ!をすることが大切です!!

☆サロンだからできるワンランク上のケア☆

この時期、スキンケアは基礎に戻り肌に負担の少ない方法で肌の体力アップをしていかなければいけません。

肌の状態が良ければ、肌に受けるダメージも抑えられます!

「肌の体力強化をして、紫外線やホコリ、花粉などに負けない肌作りをしませんか?」

肌がもともと弱い、敏感肌やアトピー肌の方もご相談ください☆

普段のケアだけでは足りていないかも…と感じる方は

私たちスリーグランツのスタッフに任せていただけませんか?

関連する記事
久しぶりの再会❄お肌きれいだね✨って言われたい!山口店

山口県周南市・広島県中区にある、エステサロンスリーグランツが…

2018年4月27日
Vavaira
福岡国際ビューテイーショーに出展してきました。

山口県周南市・広島県中区にある、エステサロンスリーグランツが…

2018年4月27日
Vavaira